無痛治療を行っています

治療の選択肢がいくつかある場合には、痛みの少ない「無痛治療」を最優先して選択しています。
歯の治療を行う際に麻酔をかければ痛みを感じにくくなります。しかし注射針を歯茎にさすので麻酔自体で痛みを感じるという問題があります。
そこで当院では、注射針をさす前に歯茎にジェル状の麻酔薬を塗って、針を刺したときの痛みをかなり軽減しています。

さらにその後の麻酔の注入は、短い時間で圧力をかけて注入すると痛みを感じてしまいます。
これに対して当院が使用している電動の麻酔注射器では、麻酔薬が一定の速度で歯茎の皮にゆっくり注入しますので、痛みをあまり感じません。

このようにきめ細かく配慮して、麻酔をしっかり利かせれば、歯を削る時も、親知らずを抜くときも、痛みはあまり感じません。
麻酔が切れた後については、鎮痛剤や感染を抑える抗生剤など、患者さんに合った最適なお薬をお出ししています。