痛みと麻酔について

 

一般的にお顔の注射の際に使われる表面麻酔は、皮膚の表面のみに効果があり、注射針の届く、深い所の麻酔効果は得られません。

そこで、歯科では、通常医科では使用されない口腔内用の極細31ゲージの注射針を使い、口腔内に麻酔を打ち、ヒアルロン酸注射の痛みを軽減します。
ちなみに、口腔内麻酔の痛みは、極めて弱いかほとんどありません。